トップページ 右脳をより詳しく知りたい方はこちら お客様の声 プロフィール 会社概要
毎日の問題解決に役立つ
不思議なメルマガお送りします
「段階的に右脳を開いていただくためのメルマガを発行しております。
ぜひ、お読み下さい。
ある男性が右脳が開けて突然描けた絵もご覧いただけますよ。」
   

お問い合わせフォーム
はこちら  



30代からのサラリーマンのための右脳活用法 (マガジンID:m00111915)

■メールマガジン・アドレス登録
メールアドレス(半角):
■メールマガジン・アドレス削除
メールアドレス(半角):


Powered by melma!
 (創刊号)

最近、特に右脳開発、能力開発などなど・・、合理主義の極みへと移行して行く日本の社会の行き詰まりに対して、自らの能力を新たに見出してそれに対抗しようと言う、一種の不安や恐怖からの逃避を求めてさまよう人々が急増しています。

しかし、そこに大きなビジネスチャンスをいち早く察知したビジネスも同様に急増している事も事実でしょう。私たちはビジネスと言う名の大きな渦の中に飲み込まれ溺れそうになっている様にも思われます。情報の価値や選択の可能性は、その人の力量によって大きく広がる事も事実でしょうが、一般的にはその力量が無いから情報を欲し、氾濫する情報に埋もれてしまう側面も否めません。情報に対する対価は必要です。ただし、得るものこそ同時に必要だと言う前提においてです。本一冊にも対価が必要ですが、良い本からは得るものも非常に大きい事も事実です。但し本には金銭対価の他に時間と言う対価も大いに支払わなければなりません。加えて自分が求める情報を備えた本自体そんなに多いわけでも無さそうです。それだけの時間と忍耐があれば、そこから十分な情報を得る事はできるでしょうが、通常はかなり困難な事だと言う声をよく聞きます。

元来、今求められている自己開発や能力開発などは、広義においては「教育」として扱われるべきかもしれません。しかし、私たち現代の日本人はその様な教育を全く受けていませんし、その様な教育システム自体崩壊してしまっています。

今、再び竜馬や新撰組など時代のヒーローたちが脚光を浴びているのはどうしてでしょう。

彼らに共通する事は、彼らが確固たる大志と信念を持ち合わせた人だった事でしょうか。

自らの目標を持ち、信念の中で実現し成功する。この様な人を私たちは、特別な人の様に扱って、崇めたりねたんだりしますが、果たしてそれはごく一部の人だけに与えられた特別な能力なのでしょうか。

芸術やスポーツの世界は判りませんが、経験上、その様な人が特別な能力をもっていると言う事の方が稀な様にも思えます。ただし、目標と信念だけは誰にも負けないテンションの高さと、非常にシンプルな思考法ができると言う能力には感服しますが。

良く考えてみて下さい。そうだとすると、私たちもその点だけを意識して、その能力を身に着ける術を学べば良いのではないでしょうか。

今、我先にと、あせりの中で何か特別な未知の能力や方法を捜し求めても、あせりは人を益々苦境へと導いていく事は我々の経験上明らかな事だと思われますし、一部分、一部分の小手先の方法を見つけて自らを納得させる事自体、非常に危険な事だと考えます。

教育とは誰にも与えられるものであり、教育と言う発想において思考方法を学び、そのためにこそ右脳の脳力を使い自らの人生を拓くための自己開発こそ重要であり、それは全ての人に与えられたごく自然の権利だと思います。

物事は突き詰めると非常にシンプルなものだと気づきます。

自らの人生を今すぐに開発し、毎日自信に満ちて成功へと出発しましょう。



次回予告

創刊号は是非お伝えしたく、少々長くなってしまいました。

次回からは、是非知っておく必要のある基礎的な知識からお伝えしながらどんどんテンションを上げていきましょう。あなたは、ツイていますよ。